みやうちふみこのブログ

日々趣くままに・・・

わたしの住所

今朝起きてから、明日は会社の健康診断日。と、夕べ、Kayoちゃんが言ってい

たのを思い出し、いつも一緒に過ごす朝食の時間を、散歩を兼ねて、レター

パックの投函にバス停近くのポストまでの往復した。ゆっくりだから30分ぐ

らいだったろうか。ポストまで行って、まだまだ歩けそうよ、と思ったころ、

もう帰りましょう、その方がいいわよ、と、誰かのささややくような声を聞い

たような気がして、道路わきの土手に黄色く咲いていた せいだかわだち草

とススキを一輪手おり、萩とシュウメイ菊をカメラに収めて、紅葉前の、若や

いだような葉色の銀杏並木をながめながら、まだ静かなバスりから団地内へ迂

回して帰途につく。朝刊を取ろうと郵便受けを開けたら、スマートレターが一

通入っていた。私宛なのだけれど、住所はわたしの本籍宛。わたしに届く郵便

物には本籍記載の後に「棟と部屋番号」の記載が必要なのだけれど、記載漏れ

だった。昨日夕刊を取りに行った時間がいつもより早かったから、朝刊と一緒

になったのか、それとも、棟と部屋番号を調べて再配達してくださったのか、

途中、とても心細かっただろうと、ありがとうをこめて、愛おしくて抱きしめ

てしまった。中からは、生まれてまもない、土曜美術出版販売「青木由弥子著

・しのばず」が出てきた。あわてず 騒がず、そっと静かに・・・。

離婚後、千葉から本籍を茨城の実家へ移して、そこから、現在の住居に移した時、

その書類を見て、おやっと思った時のことを思い出す。本籍の番地は、今暮らし

ている団地の番地までの記載で、棟と部屋便号までの記載はない。なので、

3丁目2の4、すべてがわたしの本籍なのである。とゆうことは、3丁目2の4に

居住するすべての方々と、同じ本籍といゆうことになる。他に、離婚後籍を実家

(他どこでも)に籍を移し、また他に移籍すると、それまでの結婚歴は、書類か

らは、消えるという事実を知った。まぁ、それはそれでもいいのだけれど、うっ

かりしたら、母娘の繋がりまで消えてしまいそうな心細さだ。本籍とは何の意味

を成すものなのだろうか。などと今更、どうでもいいようなことをあれこれ思う。

秋だからなのだろうか。

朝、朝陽を見なかった空から、今は音もなく秋雨が降っている。静かだ。

f:id:m-bunko:20201023133155j:plain